2017/08/06

2017年の上半期は個人的にとても苦しかった。10年以上に渡って勤務した職場がなくなってしまった。ブログの更新ができなかったこの4ヶ月のあいだに2度住む部屋を変えた。自分が生活する基盤が全部変わってしまった。変えざるをえなかった。そしていま、音楽を普通に聴くことができる日常がどれだけ大切なものであるかというのを僕は実感している。本当にもう、それだけ。
最近聴いているもののなかから何枚か。


カナダはモントリオール、ケベックのパンク/パワーポップ・バンド(Faccebook)が6月に発表したデジタル・シングル。late70’sのUKパンク・レーベルRAW Recordsにも同名異バンドが存在することはパンク・ファンにとっては周知の事実であるし、ただ、いつからかバンド名って過去に同じ名前を名乗っている先達がいたとしてもそのバンドが現役で活動していなければ構わない、というスタンスの人が増えてるんじゃないかなあって。こういうバンド名被りの類はこれからもどんどん増えてくるだろうなあと。それが問題になるかならないかは別として。で、このThe Sick Thingsのシングル、Trk-1の”Sick Things”が最高だ。ストレートにThin Lizzy的なツインギターのアレンジの前に屈服。Thin Lizzyがエリック・ベル在籍時の大ヒット曲”Whisky In The Jar”にて萌芽し、「Jailbreak」~「Black Rose」で完成させたしたスタイル・文法というのはパワーポップ的サウンドと相性がいいというか、そもそも非常に汎用性が高いものであって。それは決してパンクロックやパワーポップ、またはHM/HRに限定されるものではなく、例えば、年月をかけてスコットランドを代表するポップ・バンドにまで急伸したBelle and Sebastianの2003年の佳作「Dear Catastrophe Waitress」収録の”I’m a Cuckoo”(PV)に示されているように、広く「ポップ・ミュージック」にまで敷衍し得るものだ。まあ、それについてはベルセバのセンスが鋭かったというのはあるけど。それから、ストーナー方面からのThin Lizzyのトリビュート盤がGlory or Death Records(Facebook)によって企画され、一般に資金を募るクラウドファンディング(Link)も目標値に達して正式にリリースが決定したのでこちらもすごく楽しみ。Thin Lizzyの楽曲とストーナー・サウンドとの親和性の高さというのはミシガンのストーナー/へヴィ・ロック・バンドBoneHawk(Facebook)がシングル「Southbound-A Tribute to Thin Lizzy」(←”Southbound”のカバーが仰け反るくらいかっこいい)で示した通りであって、High On Fire、Egypt(新作「Clacks and Lines」最高!!)、Red Wizard、Slow Seasonsとか、面子も異常なくらいに豪華なので期待するなというのが無理な話。Sick Thingsのシングルの話から逸脱したけれども、近年のグラムロック的なパワーポップが飽和状態に達した感のあるいま、Thin Lizzyをこのように「パワーポップ的なロック」として再解釈するバンドがこれから台頭して来たりするんじゃないかなあと、これはNYのBig HugeのPre-Orderがはじまったばかりのアルバム「Cruel World」の現在公開になっているタイトル曲を聴いても、そういう予感というか期待が個人的に高まっているっていうのはある。

ワシントンD.Cのインディー・ロック・バンドBlessの新作シングル。7インチが同じくワシントンD.CのDIYレーベルDZ Tapesからリリースされていて(Link)、僕はデジタルで買ったんだけど失敗したなあって。7インチ欲しいんだけど、これ。シンセ・パンクの方法論、奇怪なシーケンスを導入することでパンク・ロックを異物化させていくというプロセスをインディー・ロックに流用したこの音源はとにかくインパクト大で初見のリスナーは面食らうこと請け負い。2015年の前作(Link)を聴いても凡庸なオルタナティブ・ロックでしかなくて、一体この振り切れ加減はなんなんだろうと不思議に思うぐらい。このシングルを聴いていて実感するのは、クラウトロックをどのように位置づけるか、解釈するかっていうのがこういう電子音楽的なエレメントを含むロックにとってものすごく重要な事項だということ・・・なのだけれども。個人的にドイツのプログレッシブ・ロックへの歴史観がいまものすごく揺らいでいて。とういうのも、10代のときにNWOBHMの同名バンドが好きだからという理由だけでチェックして夢中になったドイツのシンフォニック・プログレ、TRESPASSの84年のデモテープを最近手に入れて夢中になって聴きつつ、メンバーたちのTRESPASS以降の活動なんかの情報を探したりもしながら、そういえば僕はこの記事に名前が出てくるようなバンドってほとんど聴いていないなあと。クラウトロック、またそこから派生するロックの体系的理解を進めるうえで避けては通れないと思いつつ、なんとなく敷居が高く感じてこれまでずっと敬遠してたなあ・・・という。ちょっとこの辺は手を伸ばしてみたいところ。

フィラデルフィアのパワーポップ・バンド(Facebook)の2013年作。Bandcampサーフしているときにちょっと気になったとか、あとでちゃんと聴こうとかの理由でwishリストにとりあえず入れてそのまま放置、っていう音源が僕には1000枚くらいあって、新しい音源をタグからチェックしていても目ぼしいものがない、というときなんかに見直すと色々と見落としているものがあったりして。このバンドは特別な技術があるとか、非凡な才能があるとか、そういうバンドでは決してないと思う。どちらかといえば凡庸な類。ただ、Trk-2の”I’ll Come Running”だけは別。その朴訥なコーラスに潜む、世に溢れるペシミスティックな雑音をすべてこの音楽でマスキングしてやるんだ、という強い意志。そうなんだよなあ、こういう想いが根底にあるからこそ、音楽はリスナーの心が弱ったときに救命ボートとして機能するんだよなあ。彼らの音楽にかけるイノセントな情熱が凝縮したかのようなこの”I’ll Come Running”はパーフェクト。このEP以外の彼らの他の音源にはあまり僕はグッと来ないんだけれども、彼らはこの夏の終わりにはFlamin’ Grooviesとの共演を果たしたりもするみたいだし、期待値みたいなのは間違いなくある。

 

クリーブランドの黒人パンク・ロッカー、Lamont Thomasによるソロ・ユニットObnox渾身のニューアルバム。もともとこのLamont ThomasはV-3、Bassholes、This Moment In Black Historyなどでドラムを担当するところからそのミュージック・キャリアをスタートさせた生粋のガレージ・パンクスである。それがこのObnox名義の作品では、エクスペリメンタルの態でガレージパンク/パンクロックにヒップホップの要素を混入させるようになり、そして本作「Niggative Approach」(タイトルはもちろんデトロイトのハードコア・レジェンドNegative Approachに言及したもの。本作の冒頭とエンディングでナレーションを務めているのはそのNegative ApproachのJohn Brannonだそうだ)で彼は自身の流儀でのガレージパンクとヒップホップの折衷を描いてみせた。これはLamont Thomasによる高らかなビートへの隷属宣言のようなものだ。圧巻。このアルバムを聴いた僕の感想は、“Jailbait”や“Bacon Fat”などのローカルヒット曲を持ち、50年代から活動を続けるR&BシンガーAndre Williamsが、Mick Collins率いるDirtbombsやJon Spencer Blues Explosion、Compulsive Gamblers(未確認ながらも、Lamont Thomasはこのバンドにも関わっていたらしい)など、彼を慕ってやまないガレージパンクのタレントたちをバックに従えてリズム&ブルース、ソウル・ミュージックを当時の最先端のガレージパンクを基盤としてアップデートすることでAndre Williamsの野太い歌声を際立たせた2000年の「Black Godfather」(Apple MusicSpotify)に近いもの、とするのがこのアルバムを理解するには手っ取り早いのかなあと。
しかしクリーブランドのパンクシーンはいま本当に面白い!当ブログでインタビューも行ったFascinating/Nico Missile/Shagg/Pig Flayer/ソロなどでその活動ペースのギアを上げていく一方のRicky HamiltonやQuality Time Records周辺のバンド群を筆頭に、Total Punkからリリースされてここ日本のレコードショップでもヴァイナルを取り扱うお店が出てきたRubber Mate、トリプルVoでFunなアティチュードに貫かれたBulsch、クリーブランドのパンク・バンドのフィジカル・リリースを積極的に行っている地元Wax Mage Recordsより新作をリリースするDècheなど、枚挙に暇がない。82年の名作コンピ「Cleveland Confidential」の多様性だけでなくそこに充満していた不穏な空気感が蘇っているような、彼の地の動向には注目している。

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中