McCallister (Single Version) The Mells

a2236216240_10

The Mells(Facebook)はNYのインディー・ポップ、シューゲイズ・バンド。2015年のバンド結成後、翌2016年の1月、初ライブを迎える前に彼彼女たちがリリースしたリハデモ「Mells Memo Demo」がこちら。そのデモ音源を僕は聴いてひとりで盛り上がりに盛り上がってこんなエントリーを書いて、さらにはバンドにコンタクトを取ったりもしたと。ちょっと飛ばし気味に。でも、一昨日Bandcampにアップされたものの一旦は消され、本日Impose Magazineでのこちらの記事にあわせて公開された1stシングル「McCalliser(Single Version)」を前にしているいまだからこそ、胸を張ってこう言えるんだよ。僕は間違ってなかったって。

この曲は先の「Mells Memo Demo」でも披露されていたものだが(注・リリース当初、このデモは4曲入りだったが、現在はストリーミング/ダウンロードともに”Plum Crush”1曲のみの公開となっている)、これが本当に同じ曲なのかと見間違えるかのような出来栄え。完成度。この清らかな音源をして「For fans of Wildhoney,Mercury Girls and Literature」なんて文言がこれからネット上で飛び交うことになりそうな気もするし、このLiterature~Mercury Girlsが構築した文法をそのまま流用したようにも聴こえる楽曲は、それらのバンドのリスナーにはダイレクトに届くものだろうなとも。ただ、ここにはそれ以上に、彼彼女たちがLiterature関連のバンドのイミテーター、フォロワーに留まることなく、これから自分たちの音楽を、巨大な物語をクリエイトしていくんだろうなあという予感・期待感を抱くには十分な完成度の高さを湛えていて、ここからはじまっていくなにかを自分は目撃出来るんだなって、僕は高揚するんだよ。まあ、まだ3分足らずの楽曲がたったの1曲公開されただけなんだけどね。それでも。

いくらかパーソナルな想いを交えるなら、The Mellsが奏でるのは表面張力が果たされるほどにストレスに満ちて、なにか「問題」の類をこれ以上抱えてしまったらマインドが決壊してしまうというような毎日のなかで、僕の背筋をまっすぐに伸ばしてくれる音楽。そうなんだよ。少なくとも僕にとっては、ロック、それを「ポップ・ミュージック」と言い換えてもいいし、もっと大きな括り、「音楽」としてもいいのだけれど、それらを聴く、愛好するということは、とりもなおさず自分の力ではどうにもならない、決して覆らない現実を前にしたときの精一杯のレジスタンスそのものだし、もう自暴自棄になったり呆然としたりするしかないような状況下でも自分自身に誇りを持って生きていくために必要な心の豊かさに手を伸ばすということなんだよ。本当に、僕はこれが欲しかった。こういうのを求めていたんだよ。

 

 

カテゴリー: Indie, indie pop, power pop, Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中