2016/08/12

日記。きょうで41連勤終了。あと10日。精神的にも肉体的にもピークはすでに来ていて、音源もほとんどチェック出来ていないんだけど。気になってるやつはとりあえず片っ端からwishリストに突っ込んでいるので、仕事が一段落したら一枚ずつ聴いていこうかと。仕事仕事の毎日のなかで、買ったやつ。

テキサス、デントンの自称「otaku shoegazers」、rei dentonの2nd EP。僕はこのバンドをBandcampのタグ「Anime」で知った。彼/彼女たちのFacebookページ(Link)の趣味・関心の欄を見てみると「Cosplay, Amp Tech, Pedals, Anime, Depression Memes, Memes in general」とあって、成程といった感じ。Trk-2のタイトルが”Dreaming of Nagato”だったりして、まあそういうことなんだろうと思う。

いま色々と調べものしてたりして、現行のストーナーとかドゥームを全然チェックしてなかったんだけど、これはガツンと来た。UKのストーナー/へヴィ・サイケ・バンドの1st。ストーナーといっても、各楽曲でシューゲイズ的要素があったりポスト・ロック的展開を見せたりと、かなり音楽的には引き出しの多い人たちなんだろうし、普段こういう音楽を聴かない方もName Your Priceだしとりあえず落としてみれば、っていう。ストリッパーズ・イン・ラブってバンド名、ジャケ、音からなんとなく映画「砂丘」のサントラを思い出したりもして。

これは良かった!もうそろそろ説明の必要もなさそうな気もする、Wyatt Blairの2ndフルアルバム。Wyatt Blairについては当ブログでも以前Pop Zeus追悼の意を込めてフリー・シングル「I’ve Never Been More Alive」がリリースされた際にちょろっと書いているんでそちら(Link)を読んでいただけたら幸いだし、めんどくせーって方はそれで構わない。で、久しぶりの新作、BurgerとLollipopの合同リリース、各サイトでも大々的に取り上げられてることもあって、間違いなく本作で彼は大ブレイクを果たすんだろうなと。かなりチカラの入ったアルバムだし。ただ、このアルバムを指してMTV、80’sとかそんなタームでもって説明しているサイトが見受けられるんだけど、これは82年~84年くらいのロックンローラーたちが色気を出してか、時代性に沿ってか、シンセやエレクトロニック・ドラムを導入しつつも自身のロックンロールを貫いた、その残骸のような音楽だと思うんだよな。もちろん、いい意味で。レコファンのエサ箱で100円で堀って熱狂するタイプの音楽っていうか。Trk-3のレゲエ調のナンバーも、そこまであのテの盤のマナーに従うか・・・とちょっと思ってみたり。ちなみにこれ、BandcampよりもiTunesのほうが配信スタートがはやかったんでiTunesで買いました。iPhone1台て購入からDLまで完結できるiTunesってホント便利。

 

Flamin’ Grooviesの音源がBandcampにあがっている、ってことだけで俺は死ぬほどに感動してしまうんだよ。

 

カテゴリー: Diary パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中