IV by staar girl

12650842_974565295951065_1260518883044443970_n

staar girl(FacebookTwitter)

ベッドルーム・ポップの進化系girl(・・・っていま思いつきだけで書いてるけど)、米デラウェア州リホボスビーチのstaar girlのニューアルバム。staar girlは2015年のこのトラックに度肝抜かれてからマメにチェックし続けている。

21分、万華鏡のように(というのはやや使い古された表現ではあるが)変化し続けるサウンドスケープに脱帽。
そして本作「Ⅳ」も、ランダムに配置した(ように見える)lo-fiまたはエレクトロニックに揺蕩うアンビエンスを、最終的には自身の歌声に収束させるという彼女の得意とする作曲技法が随所に光る快作。いや、これいいわー。ベッドルームの孤独とは、かくも美しく輝き得るものなのだと。これは割と時間のあるときなんかに頻繁に考えたりすることなのだけれども、心も体も弱っているときに音楽はどう響くのか。往々にしてそれまでとはまったく違ったトーンで訴えかけてきたりするものだけれども、まあ、離陸したはいいけれども着陸地を見失ったというか、いま頭が朦朧としていてあまり考える余裕がないんだな、これが。少なくともstaar girlの「Ⅳ」は、これだけの高熱で食欲もなくて、心も春が来たせいかざわめききっていて穏やかではない、そんな自分にはしっくり来る音楽だということで。
カテゴリー: ambient, bedroom pop, chillwave, dream pop パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中