S​/​T by Wilderness Dream

11666029_858449340875500_145385323797587860_n

カリフォルニア州オークランドのニュー・バンド、Wilderness Dream(Facebook)。

Wilderness Dreamは「ニュー・バンド」とは言っても、在籍するメンバーは歴戦の兵ばかりだ。現在Heartsounds(FacebookSoundcloudTumblr)というメロディック・パンク・バンドにて活動しているBen Murray(G/Vo)とTrey Derbes(Dr)が、元Light This City(FacebookTwitter ※注:Light This Cityは日本盤もリリースされていたのでご存知の方も多いのではないかと思う。Ben Murryはこのバンドにはドラマーとして在籍していた)~Glacier Eater(FacebookSoundcloudTwitterTumblrWeb)のRyan Hansen(G/Vo)とThe Business End(FacebookBandcamp)のBret Fontaine(B)とともにHeartsoundsと並行してスタートさせたのがこのWilderness Dreamで、この「S/T」は彼らのデビューEPとなる。

彼ら自身は自らの音楽性を「スラッシュ・メタル」としているが、ハードコア・パンク、メタル・クラスト、メタル・コアなどの要素が奢侈に盛り込まれているため、一言で「スラッシュ・メタル」と言い切ってしまうことに僕は少々抵抗があるのだけれども。ただ、HeartsoundsにしてもThe Business Endにしても、メタル的要素のあるメロディック・パンク・ロックであるし、メンバー各人の経歴を考えればこのサウンドは決して狙って出したとかそういうものではなくて、彼らにとってはあくまでもスポンテニアスなものなのだろうな、と聴いていて納得させられるような作品。Trk-2の”Rebirth”のイントロの、ストレートなようでいて複雑なギターの刻み、楽曲後半の各インストゥルメンツのスピーディーかつテクニカルなフレーズの応酬には、凡百のエクストリーム・バンドたちが決して鳴らすことのできない説得力、リアリティーがある。なお、本作のゲートフォールド12インチが今年の10月にサンフランシスコのCreator-Destructor Recordsよりリリースされるようなので、僕は買います。

カテゴリー: hardcore, metal, thrash metal パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中