FULL MOON SESSIONS by SPELL

11076259_410580482455392_3981668036122416423_n

カナダはヴァンクーバーのストイックな3ピースのメタル・バンド、SPELL(Facebook)。

彼らの活動はリリースしている音源こそ少ないが決して短くはなく、2007年にStryker(Facebook)という名前にて結成。2010年にデモ・テープ「Possessed By Heavy Metal」(未確認ながら、のちに10インチEPとして再発された模様)を、2012年オーストラリアのJohnny Touch(FacebookWeb)とのSplit 7インチ「Possessed by the Heavy Metal Embrace」をそれぞれリリースしたのち、カナダのHard and Heavy Records(FacebookWebBandcamp)と契約。Strykerと同じカナダはエドモントンのメタル・バンドStrikerとの混同を避けるためにバンド名をSPELLと変更して、2012年~2013年に録音したマテリアルのなかから、既発表曲に数曲を加えてLP/CD/カセット/データの各フォーマットにて2014年4月にリリースしたのが1stアルバム「FULL MOON SESSIONS」だ。

70年代のハードロック/ドゥーム・ロックの様式、NWOBHMのエナジーを受け継ぎながらも、全編で荒れ狂うEvilなリフに腰砕け。糞かっこいい。ベストトラックはTrk-2の”Electric Witchery”の疾走感も捨て難いのだけれども、やはりバンドによるメタル賛歌、Trk-3の”Possessed By Heavy Metal”か。溜めに溜めを効かせて、楽曲の後半でようやく繰り広げられるギターソロからサビのコーラス部へと移行する流れは何度聴いてもゾクゾクするものがある。

この「FULL MOON SESSIONS」をリリースしたHard and Heavy Recordsは、SPELLの他にもカルガリーのパワーメタル・バンドの2009年作「Blesk」や、エドモントンのスピード・メタル・バンドGatekrashörの「S/T」など、カナダの現行のメタル・バンドの佳作を多数リリースしていて、僕もいま片っ端からチェックしているところなのだけれども、本当にハズレなしの良レーベル。

今年の6月にバンクーバーで3日間行われたメタル・フェス、Covenant Festival MMXVのライブの動画より、The Order of the Solar Temple(FacebookBandcampWeb)のG/Vo(ここではVoのみ担当だが)のM.をゲストに迎えてのCandlemass”The Well of Souls”カバー。バンドのDirtyなサウンドにハマりすぎ。いいね!

カテゴリー: heavy metal, NWOBHM パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中