Three Songs for Hunky Bunker by Don Lovely

0005080508_100

カナダ・ノバスコシア州ハリファックスのパンク/パワーポップ・バンド、Don Lovely(Facebook)の1stシングル。

YAMAHAのカセットMTRの名機MT-120で録音されたという本作は、DIY感漂うポップ・センスが絶妙。Whaam!の名作コンピ「All For Art ANd Art For All」あたりに収録されていても不思議ではないほどに、タイムレスなサウンドを聴かせてくれる。3曲ともにとても愛おしい。

このバンドのG/Vo/Synth担当のNoel Macdonaldは2013年まではLong Weekendsというバンドを率いていたようで、Long Weekendsの若干ガレージ寄りのサウンドからDon Lovelyではパワーポップ的サウンドへとシフト・チェンジした形になるのだが、これが功を奏している・・・と個人的にはそう思う。

彼らのFacebookページを見てみるとまだいいね!数6名(うち1名は僕)で、投稿も全然少なくて、本当にこれからバンドの活動がスタートしていく、という状況だと思ってよさそうなのだけれども。これは面白い存在に出会えたな、とほくそ笑んでしまうわけです。

本作のレコーディングを手掛けたのが彼らと同郷のDIY/パワーポップ・バンドThe Grubbies(←彼らのEP「New To Cool」はDon Lovelyを聴いてピンときた方なら間違いのない、同系統の作品なのでチェックしてみてください)のAndrew Mazzerolle 、またthanks for the cassetteとしてクレジットされているCody Googooは同じくハリファックスのパンク/ポスト・パンク・バンドUnreal Thoughtのメンバー・・・ということで、このDon LovelyのEPがあまりにも素敵なんで、ハリファックスのパンク周辺を色々とDIGってみたくなってきたなあ。

カテゴリー: diy, power pop, punk パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中