Talkies – Sojourner EP by Death Records

10941910_328018300739659_2541212240910614205_n

カリフォルニア州オークランドのパワーポップ・バンド、Talkies(FacebookSoundcloudTumblr)。

彼らの音楽性は、モロにExploding Hearts直系のパワーポップなのだけれども、彼らの場合は筋金入りというか、近々La-Ti-Da-Recordsよりリリースされるという1stシングル「Hollow/Never Fear」のプロデューサーにex-Exploding Hearts~Nice Boys、現Terry & LouieのTerry Sixを、エンジニアにExploding Hearts/Nice Boys、Observers、Soda Pop Kids、Clorox Girlsらを手がけたPat Kearnsを迎えるほどの執着ぶりを見せていて。

そして、上記2曲を含む5曲入りのカセットEP「Sojourner」を、昨年からその活動をスタートさせたサンフランシスコのカセット・レーベル、Death Records(FacebookWeb)よりリリース。

今後日本でも現行パワーポップ・ファンのあいだで話題になること必死の、キラーチューン5連発。特に、「Mean Time」期のBarracudasをなんとなく連想させるような、フォーク・ロック風味の”Hollow”、楽曲の後半にExploding Heartsの”Rumours In Town”的なドラマティックな展開を見せるパワーポップ・ナンバー”All The Time”は、2000年代以降のパワーポップに夢中になった人なんか感涙ものなのではないかと。

EPの1曲目、”Never Fear”のMV。熱いね!

ただ、これはこのDeath Recordsに限ったことではないのだけれども、カセット・メインのレーベルがBandcamp上で音源を公開する際に、カセットのA面/B面をトラック分けしないでそのままTrk-1、Trk-2ってカタチで配信することって結構多くて。このTalkiesのEPもそうなんだけど。これ、iPhoneとかに入れて聴くとき結構不便なんだよね。自分でPCでフリーソフトかなんか落としてトラック分けすればいいんだろうけど。まあ、レーベル側からしたらカセット買え!ってことなんだろうけど。

とはいえ、フォローするわけではないのだけれども、このDeath RecordsからリリースされているDissolveの「S/T」(ストリーミング対応していないのが残念なのだけれども)や、レーベル・コンピ「Death Records Compilation Volume One」の冒頭のTiarasというバンドによる”Cars”(名曲!)など、このレーベルは聴きどころは多いです。

カテゴリー: power pop パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中