Hexagons / Vorkynahedule by White Flashes

(関連エントリーその1その2当ブログによるWhite Flashesインタビュー

アイオア州デモインのエレクトロニック・マエストロ、White Flashes(SoundcloudFacebookTumblr)の

待望のニュー・シングルがBandcampにて公開された。

 

今作について触れる前に、White FlashesことDustin Kniffenと彼の盟友Keith Rich(MemCave)によるカセット・レーベルMemory Networkの、

このエントリーから半年の間の活動についてまとめるところから始めてみよう。

2012年の10月に、彼らはブログThree Dollars & Sixty-Three Centsを運営し、

最近ではカレッジ・ラジオBlurred Worldを主催しているMicah Wetzelをそのファミリーに迎え入れてWebサイトを一新する。

White Flashesが昨年Sketchy ArkをThree Dollars~でプレミア公開したり、

最近ではMemCaveの素晴らしいゲスト・ミックスを披露するなど、なにかとMemory Networkとは縁の深い人物であるし、

Webのそのクールな仕上がりからもこれが非常にスマートな人選であったことがわかる。

(余談だが、上記したカレッジ・ラジオBlurred Worldは僕が視聴した回にはWhirrのPrefaceとLeave、

TearjerkerのAnother Moon、White FlashesのInto The Unknownなどがチョイスされていて本当に最高の放送だった!)

それと前後して、Memory Networkは非常に充実したリリースを連発していく。

まずは同10月にWhite Flashesの傑作II + Monitor

White Flashesへのゲスト参加でお馴染みの女性Vo、Sarah Downenを擁する

ミズーリ州のGolden Curlsの既発であったWarm Fiction EPのカセットリリース、

イタロ・ハウスの雄Juno//の1stアルバム、Dustの3本を。

発表が待ち望まれていたJuno//のアルバムは、彼がこれまでにSoundcloudにアップしていた楽曲を纏めた作品だったが、

ボーナストラックとして追加収録された新曲Lenaでは、

彼本来の憂いのあるディスコ・サウンドと、より楽天的でエレクトロニックな指向性とが合致した新機軸ともいえるサウンドを打ち出してきていた。

翌11月にはPretty HeartのHalf Asleepのカセット、

MemCaveのアルバムSequenceをそれぞれリリースする。

Pretty Heartのダークでストレンジなポップ・サウンド、

MemCaveの90年代のテクノからのインフルエンスを感じさせるエレクトロサウンド・・・と、ともに魅力的な作品だ。

そして2013年2月には、Memory Network Singles Clubと名付けられたマンスリー企画の第1弾として、

Golden Durlsの美しい新曲Imaginary Loveがリリースされる。

Warm Fiction EPで展開されていたドリーム・ポップサウンドはそのままに、よりエレクトロ寄りになったサウンドは間違いなく、

Sarah嬢がWhite Flashesにゲスト参加したこと、そしてMemory Networkのアーティストたちとの交流による影響であると考えられる。

また、そのChillwaveサウンドにて高い人気を誇るSun GlittersとMemory Networkとの急接近は

Memory Networkにとってのひとつの大きなトピックである、と言っていいだろう。

Sun Glittersが先月、Waves Paradiseにて発表したWaves Paradaise MixtapeでPretty HeartのO!Heartを、

Wrong WeatherのコンピレーションでWhite FlashesのInto The Unknownを、

そしてきのう発表になったばかりのChalalitにおけるMix TapeではGolden CurlsのImaginary LoveとWhite FlashesのBeechformを、

それぞれ選曲している。

これらの楽曲のセレクトや、またはPretty HeartのFacebookページでSun GlittersがHalf Asleepのカセットを購入した(!!)ことが確認出来ることからも、

現在Sun Glittersは相当の熱量を持ってMemory Networkに入れ込んでいることが伺える。

この両者の出会いが、例えば。

昨年Indoor VoicesとWhite Flashesが出会ったことからお互いの楽曲をリミックスし合ったりだとか、

White FlashesがGolden Curlsと出会いMemory Networkからリリース/White Flashesの楽曲にゲスト参加したことだとか、

そういったようなリミックスやコラボレーションなどに発展というか、着地して欲しいなあと、僕は願っているのだけれども。

 

そのMemory Networkと並行して、DustinはWhite Flashesでの活動をさらに活性化させていく。

これまで2度のコラボレーションを経て関係を密にしていたGolden CurlsのSarah嬢がWhite Flashesに正式加入したこと、

2013年1月にWaltz Lanternと題された新作EPと、過去のディスコグラフィー的な2枚組みCDをリリースすること、

またMemCaveをWhite Flashesのツアーメンバーとして迎えてのツアーを行うことをアナウンスし、

以降のまっさらな新曲であるHexagonsVorkynaheduleを次々とSoundcloudにアップ、

そして、ⅱのカセットのB面に収録され、ネット上ではMemory NetworkのWebと当ブログでのDL公開のみだった実験作、

Monitorを自身のBandcampにてフリーDLで公開。

2013年も順調に音楽活動を続けていくかと思われた・・・が。

4508A(Demo)と題された新曲デモ、並びにPretty HeartのHalf AsleepをサンプリングしたWendy Cety Why NotをSoundcloudにアップしたあと、

彼はWarz Lanternの発表を見送り、Twitterのアカウントを削除、

Facebookにて告知されていたHexagonsとVorkynaheduleのBandcampでの公開もなく、

Facebookの更新も途絶え途絶えに・・・と、過去1年のエネルギッシュな姿が嘘のようにその活動が停滞していく。

アナウンス通りに音源がリリースされないのはもう、いつものこと、とはいえ。

White Flashesになにが起こったのか?

詳細を知っているわけではないし、ここで憶測交じりにあれこれ書いたりはしないけれども。

ただ、正直僕は。

彼が音楽活動を完全に停止してしまうのではないかと。

・・・ほんのちょっとだけだけれども。思っていたことは確か。

だったら。

もともとはWhite Flashesのインタビューを行って、彼の音楽を誰かとシェアする目的でスタートさせた当ブログも、もうその役目を終えるのだなと。

僕は思っていた。

 

・・・そして、昨日。本当に突然。

White Flashesは約2ヶ月の沈黙を破る。

それが、今回のエントリーのメインであるところの、HexagonsとVorkynaheduleのBandcampでのname your priceでのリリースだ。

・・・Dustin、僕が自分のiTunesとiPhoneに、この2曲が納まることをどれだけ待ったと思ってるんだ!

あの素晴らしかったEP、ⅱからさらにその楽曲の繊細な感受性を高めたHexagonsでの、

ニューメンバーであるSarah嬢のパフォーマンスは、

これまで2回のコラボレーション(Sketchy ArcInnaci and Glitter)で彼の音楽との相性の良さは実証済とはいえ、

もう。寒気がするほどに美しい!

そして、White Flashes名義で発表された作品の中でもっともハードな、歪んだベースラインが特徴的なリズムトラックに乗って

Sarah嬢とDustinのデュエットが繰り広げられるVorkynahedule!!

この、ネット上で交流を深めて実際に顔を合わせたこともないであろう両者の声の相性が、

収まるところに収まったかのように自然であることに驚かされながらも。

僕は。この曲を聴いていると。

彼が以前インタビューにて語ってくれた、彼の人生におけるさまざまな音楽的な「段階」の、

そのさらなるフェイズへと。

White Flashesはその歩みを進めたんだなあと。そう思う。

 

 

そうなんだ、僕はWhite Flashesに出会ってから1年の間。

この男の作り出す音楽が本当に大好きで、

彼が発表する楽曲たちにはいつも驚かされて。心を揺さぶられて。夢中になって。

次になにをするんだろうと。どんな曲を作るんだろうと。

いつも心待ちにしていて。

・・・そんな日々が、2013年も過ごせるんだなと。本当に、本当に嬉しく思う。

 

だからいま。僕はこう言いたいんだ。

 

「Welcome back,White Flashes!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: chillwave, dream pop, electronic, post-rock, shoegaze パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中