Clouded Faces by Brother Sun, Sister Moon

Facebook

Twitter

Soundcloud

Web

Brother Sun, Sister Moonはアンビエント/ドローン系のソロユニットBirds of Passege(Facebook,Twitter,SoundcloudWeb)で活動する

ニュージーランドの女性アーティストAlicia Merzと、

Roof Lightというユニット名で活動するイギリスのハウス/ダブステップ系のプロデューサーGareth Mundayによるプロジェクトである。

彼らの音楽は、そのプロジェクト名の由来と思しき72年の同名映画の主題歌・挿入歌をDonovanが担当した、ということが

なにかを示唆するものであるかのように、非常に神秘的かつ幻想的だ。

昨年AliciaのBirds of Passageも所属するCooper Cultよりリリースされ、世界中のブログで賞賛された1stアルバム。

アンビエント・テイストの強いエレクトロサウンドに、Francoise Hardyの71年の名作La Questionや

Vashti Bunyanの70年のJust Another Diamond Dayを想起させるようなAliciaの美しいウィスパー・ボイス/アシッド・フォーク的な楽曲とのマッチングが。

まるで架空のオールド・ムービーのサウンドトラックに対峙しているかのように、聴き手のマインドにノスタルジックな光景を喚起する映像的な作品だ。

 

 

彼らの1stアルバムに続く新曲CloudsがフランスのメディアIndie Rock MagのコンピレーションIRM presents: Cloudsにて発表された。

たったの1分52秒の短い楽曲ながら、ソフト・サイケ色を強くした楽曲と官能的なAliciaのヴォーカルは中毒性が高く、

リスナーのマインドを強制的にトリップさせる、という意味で暴力的ですらある。

今年リリースされるという2ndアルバムへの期待感が嫌が応にも高まる逸品である。

カテゴリー: ambient, electronic, folk, psychedelic パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中