Throw Me A Ten by Diners

アリゾナ州フェニックスのインディーポップ、Diners。

Facebook

DinersはTylor Broderickというソングラーターによるバンド。

彼はもともとはHello the Mind Controllというバンドをやっていて、2010年にアルバムTotal Warを、

2011年にSumma’ Time Demosというデモトラック集をリリースしている。

特に、Summa’ Times Demosの光り輝くサウンドは、これが本当にデモなのかと疑うくらいにクオリティの高いインディーポップ。

 

で、Hello~解散後に彼が結成したのがDiners。昨年デビュー作のThrow Me A Tenを発表しているのだけれど、

Hello~時代の華美なアレンジメントを排除して、土着的というか朴訥さみたいなものを全面に打ち出したインディーポップで、

シンプルながらも力強い一枚になっている。

そして本日、sold outになっていた今作のカセットがHolyPagesより再発!

ここ最近のHolyPagesのレーベルカラーから考えると異色な組み合わせにも思えるのだけれども、

単純にこれは嬉しい!興味のある方はリンクより是非。

 

これはアルバム収録のSimple Wordsのライブ。アットホームな雰囲気が画面の向こう側から伝わってくる。

 

それから、Throw Me A Tenでドラムを担当したMitchell KeaneyはWaytansea Pointというソロプロジェクトをやっていて、

1枚アルバムを出している。

こちらのほうはDinersとはまったく趣の異なるエクスペリメンタルサウンドをメインにしていて、

Trk-10のG.L.C(Menaceのカヴァー、ではありません。念のため)ではDinersのTyler Broderickも参加している。

 

カテゴリー: Indie, indie pop パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中