.2. by /please/

イギリス、ブリストルの若き女性のソロユニット、/please/(←スラッシュ・プリーズ・スラッシュと発音する模様)。

Facebook

Twitter

Soundcloud

彼女の音楽との僕のファーストコンタクトは、今年の2月にリリースされたSewage Tapesのコンピ、

Sewer Greats,Volume 4だったのだけれど。

この、Sewage Tapesというレーベル周辺のアーティストたちによるカバー集で、彼女は

SalemのSkullcrushのカバーを披露していて。

おー、いいなあ、と思いながらも他の音源をチェックしたりせずに、それから数ヶ月が経ったのだけれど。

8月、Sewage Tapesより彼女のアルバム.2.がリリースされて。

このアルバムのことを僕の海外の友人たちや、いつもチェックしている音楽ブログとかがすごいすごいと大騒ぎしていて。

気になって聴いてみた、というわけ。

一聴して、多くのインディー系ブロガーたちが今年度のベストの1枚、と賞賛するのもうなずける、とんでもない傑作だなと。

彼女の音楽を評してGrimes的云々~で語ることはものすごく容易いことだとは思うのだけれども。

個人的にはそういった文脈よりも。

彼女の出身地であるブリストルの歴代のアーティストたちが奏でてきた音楽の特異性が、

彼女が紡いでいる現行のインディー然としたサウンドにも脈々と受け継がれている・・・というのはこのアルバムを聴いた、僕の個人的な感想なのだけれども。

どちらかと言えば、僕はその視点からこのアルバムを支持したい。

また、このアルバムのカセットはここでオーダーできるのだけれど、

通常のカセットのパッケージよりもふたまわりくらい大きな特殊パッケージが非常に愛くるしくて。

カセットリリースものをマメにチェックしてる方には、宝物の1本になるのではないかと。

なお、このアルバムにはBandcampページにはアップロードされていないトラックが2曲あって、

1曲はstaying hereの、レーベルメイトのairsportsによるエディットで。

もう1曲は僕の愛するpurr tapesのKarmellozによるリミックス!!

そのどちらも素晴らしいので、是非このアルバムはストリーミングで聴いて終わり、ではなく

DLして聴いていただきたいなあと思います。

カテゴリー: dream pop, lo-fi, shoegaze パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中