Porcelain & Pewter by Vyxor

カリフォルニア州バークレー、Tyler Burtonによるエレクトロニック・ユニット。

Facebook

Twitter

Soundcloud

音楽性を自らDanmaku Pop、 Rhythm & Bloopsなんて謳っているけど、

エレクトロをベースにドリーム・ポップ/R&Bを展開している人。

ここ最近リミックスワークとかゲスト参加とかでよくその名を目にしていて、気になっていたのだけれども。

Beat CultureがVyxorのVoをフィーチャーしたこのトラックとか。

かっこいいなあ、って。

で、彼の音源をDIGって、昨年リリースされたNocturne Feveronを聴いたらこれまた傑作で。

最近よく耳にするようなファンクビート的でもありながら、

なによりこのヴォーカリゼーションは驚異的だな、と。

そうこうしていたら、僕の大好きなIndoor Voicesのrmxdにリミキサーとしてその名を連ねていて。

原曲の持つ繊細さを崩さずに丁寧な、愛に溢れるリミックスを披露していて。

個人的には一気に興味が膨らんだわけだけれども。

先週くらいに、個人的に大好きな米インディー・ミュージック・メディア、Portalsのプレミアとしてストリーミングで公開された楽曲がもう、とんでもなくて!

正式なリリースを待っていたんだ。で。

本日、スペインのYoung Latitudesよりドロップ!

・・・一体なんなの、このどアッパーなEPは!

聴いてもらえればわかる通り、2曲ともヤバすぎ。

特にTrack-1のPorcelain & Pewterで2回訪れるブレイクの覚醒感よ!

ちょっと、これは尋常じゃないよなあ・・・。

Vyxorは、このEPで一気に世界中の注目の的になるんだろうと思う。

それこそ、今晩どっかのクラブでこの2曲がスピンされて、クラウドたちが熱狂するみたいな光景が想像出来て。

僕はPCの前で、まさしくいま!そういう瞬間に立ち会ってるんだと思う。

ついでに。

VyxorのエレクトロニックなR&Bサウンドを聴いていて。

ちょっと前にChill Mega Chillから素晴らしいアルバムをリリースしたYoung Pharaohsなんかにその指向性が近いのかなとか。

勝手に思っていたのだけれど。

なんか、バークレーでYoung Pharaohs、Vyxor、Parentzとかで一緒にライブやってたりするみたいで。

http://www.facebook.com/events/401648933204703/

ああ、僕。

そのラインナップのライブ、思いっきり行きたかったです!

それからこの人、エクスペリメンタルなインディーロックといった趣きのMake Underってバンドにも在籍していて。

そちらもチェックしてみるといいんじゃないかと。

カテゴリー: electronic パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中