Vivid by Bedroom

とうとうリリースされたBedroomの1stフルレングス。

このアーティストについてはこちらで思うところを書いたのでそちらを参照。

いや、本当に待ちに待ったという表現が個人的にしっくり来る。

もう、1曲目のEntering(Intro)を聴いたときから、彼特有の音世界にひきこまれるというか。

Toys EPでは見られなかった試み、4つ打ちとか生ベースとか、楽曲のレンジとか。

そういうのももちろんなんだけど、

もうこの時点でBedroom節とでもいいたいみたいな、

リスナーが聴いたら一発でわかる、この人特有の音世界を確立しているのが本当に驚き。

素晴らしい。

アンファンテリブル・・・って表現ではもう、まったく追いつかない。

僕は。

ことしのきっと、長くて暑い夏の夜に。

狂ったみたいにこのアルバムを聴くだろう。

カテゴリー: chillwave, dream pop, lo-fi パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中